健康診断の活用

健康診断と疾病予防

平均寿命の伸長や生活習慣の変化によって、がん、心臓病、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病(成人病)が増加してきています。これらの疾患は結核などの伝染病と異なり、その特定原因が明らかでありませんが、日常の生活習慣が病気の発症、増悪に大きく影響することが知られています。

生活習慣病の予防は、まず第一に、健康なうちに病気にならないような生活習慣を身につけ、それを維持することです(これを一次予防といいます)。
次に大切なことは、病気が発症しても、それをできるだけ早く見つけ、早いうちに治療を始めることです(早期発見・早期治療、これを二次予防といいます)。
健診のもっとも大きな目的は、疾病の早期発見といえます。

生活習慣病は病気の初期には、ほとんど自覚症状がありません。自分ではまったく気づかないうちに、病気は始まっているのです。したがって、早期に病気を見つけるためには、定期的な健康診断の受診が必要不可欠といえます。

生活習慣病は、一般には徐々に徐々に進行していきます(図参照)。
健康診断で病気が見つかっても、早いうちなら比較的簡単に改善することができますが、ある程度病気が進行してからでは、もとの健康な状態に戻すことはたいへん難しくなります。さらに血圧やコレステロールなどの異常高値が長く続くと、脳卒中や心臓病が発症してくる可能性が高くなってきます。

健康診断は受診さえすれば良いというものではありません。せっかく健診を受けたのですから、その結果を上手に活かしましょう。
異常が指摘された場合は、その改善に向けて生活習慣のアドバイスが示されますので、できるところから生活習慣を変えていきましょう。
精密検査の指示があれば、いたずらに心配し過ぎないように、できるだけ早く精密検査を受けましょう。また、健康診断は結果判定が正常ならば、それで良いというものではありません。たとえ健診の結果が正常であっても、昨年、一昨年の検査結果と比較することによって、自分の身体がどういう状態にあるのかを確認することが大切です。
数値がだんだん異常範囲に近づいているような場合には、生活習慣の見直し、改善などを考慮しなければならない時もあります。早めの生活習慣改善は、健康の維持、向上につながります。健康診断は、ただ単に正常か異常かをみるだけでなく、自分の健康状態を客観的に知るためにも有効です。

健康診断は受診時の健康状態を示してくれますが、今年正常だったからといって来年も異常がないとは限りません。疾病の予防や早期発見、そして元気で長生きするために、1年に1回は健康診断を受診し、健診結果を上手に生かして健康づくりに役立てて下さい。

生活習慣病の推移

生活習慣病の推移